事業主皆様の駆け込み寺。助成金・就業規則・人事コンサルタント全て得意分野

社会保険労務士法人 渡邊人事労務パートナーズ 代表社会保険労務士 渡邊武夫
個人情報保護規定

社会保険労務士法人渡邊人事労務パートナーズは、社会保険労務士事務所を運営する過程で取得する個人情報の保護について、個人情報保護法および社会保険労務士法第21条(守秘義務)に従い万全を期すとともに個人情報管理規程を作成しこれを遵守いたします。なお、本規程における「個人情報」とは、個人情報保護法第2条第1項で規定される生存する個人に関する情報であり、特定の個人を識別できるものを示します

(個人情報の利用目的)
第1条 当事務所は個人情報を以下の目的の範囲で適正に取り扱いさせていただきます。
1.お客様からのご要望、お問い合わせに対する回答連絡先として個人情報を利用いたします。
2.ご本人確認、ご利用料金の請求、契約条件の変更・停止・解除の通知その他当事務所サービスの提供に係るご連絡のため個人情報を利用いたします。
3.電話・電子メール・郵便等媒体により、当事務所のサービス利用促進等の情報提供を行うために個人情報を利用いたします。

(個人情報の管理)
第2条 当事務所は以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法およびガイドラインに従って必要な社内体制を整備します。
2.お客様の個人情報を適切に取り扱うため、個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失・破壊・改ざんおよび漏洩等防止に関する適切な措置を行い個人情報の保護に努めてまいります。
3.コンピューターシステムに保存されている個人情報については、業務上必要な社員だけが利用できるようアカウントおよびパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。また、アカウントおよびパスワードは漏洩、滅失のないよう厳重に管理します。

(第三者提供について)
第3条 当事務所は、あらかじめ本人の許諾なく、個人情報を第三者に提供いたしません。
ただし、個人情報保護法その他関連法令に別異の定めがある場合を除きます。
(個人情報の開示)
第4条 当社はお客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。
ただし、以下の事項に該当する場合はその限りではありません。
1.法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合
2.法令に特別の規定がある場合
3.お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合
4.法令や当事務所との契約内容に反する行動から、当事務所の権利・財産またはサービスを保護する必要があり、本人の同意を得ることができない場合
5.お客様から個人情報の開示要求があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

 平成21年4月1日制定
 平成29年8月1日改定

社会保険労務士法人 渡邊人事労務パートナーズ 代表社会保険労務士 渡邊武夫

このページの先頭に戻る